子供の思い込みは怖い

姪がまだ幼稚園に通っていた頃、突然スケッチブックをさし出して、『プリキュア描いて』と言われたことがあります。
私の頭の中は『ぷりきゅあって何だ?』の疑問符でいっぱいでした。まだプリキュアの最初のシリーズが始まった頃でしたから。
ようやく理解したのが、子供用ジグソーパズルを見た時です。
確かに、私の世代ぐらいから、アニメで育っているんだと思いますが、皆が皆描けるわけではありません。
だた、そんなこと、園児には通用しません。
結局ジグソーパズルを見ながら必死でマネしました。今になって思えば、これがまずかったのです。
その後も、ポニョを描いてと言われて映画のパンフレットを参考にマネしました。
はっきり言って、姪の方がお絵かきは上手です。
なぜ私にに白羽の矢が刺さってしまったか、いまだに疑問です。
さらに、セーラームーンがなぜか流行った時も、描いて、と言われたので、ネットの動画を一時停止にして描きました。
足まで描いて、と言われたので、すかさずスケッチブックを横にして『足は入らないなぁ。』と言って逃げました。
最初が肝心だとは、よく言ったものです。子供の思い込みは最初にちゃんと否定すべきです。